アクセスカウンタ

気功庵

プロフィール

ブログ名
気功庵
ブログ紹介
宇宙や自然について、
日々感じた事などを書き綴っています。

ホームページ 「すずあかへの道すがら」
宇宙の力「気」を活かした遠隔ヒーリングで、
自然治癒力を取り戻す為のお手伝いをしています。

オリジナル動画も沢山アップしています。
zoom RSS

フトマニ図の謎 その2

2016/12/07 08:06
昨日に引き続き「フトマニ図」のお話です。

この図を見たり飾ったりすると様々な効果があるのですが、
中でも大きいのが癒しの効果です。

これは随分前になりますが、
ヲシテ文字の研究家に直接メールした事があります。

その時教えて頂いたのですが、
ある施術家の方が部屋に「フトマニ図」を飾った所、
治癒効果が大いに上ったと言うのです。

そこで私は部屋に飾る代わりに、
PCの待ち受け画面をずっとこの「フトマニ図」にしていました。
(今は飽きたので変えています)

スマホをお持ちの方も一度試されてみては如何でしょうか。
きっと運が開ける筈です。

さて「フトマニ図」の中にあるヲシテ文字ですが、
中央の三文字は天地創造の神を表しています。

そしてそれを取り巻く一番目の円の八文字は、
「ト・ホ・カ・ミ・エ・ヒ・タ・メ」と発音します。

古来、この八つの言霊を唱えるだけで、
あらゆる罪と穢れを消し去る事が出来るとされています。

これは神道の精華であり神髄とされる、
大祓詞(おほはらへのことば)に匹敵するものです。

朝晩十回程、この言霊を唱える事をお勧めします。


画像


記事へトラックバック / コメント


フトマニ図の謎

2016/12/06 08:56
漢字伝来前より日本には古代文字が何種類かありましたが、
ヲシテ文字と呼ばれるものもその一つです。

ヲシテ文字で書かれたものをヲシテ文献と言いますが、
その代表作が一大叙事詩である「ホツマツタエ」です。

これは縄文時代から弥生時代に至る千年間の神々の歴史を、
一万行にも及ぶヲシテ文字で著わしたものです。

そしてフトマニ図とはこのヲシテ文字を円形に配したもので、
古来より宇宙のパワーを集める作用があるとされています。

画像

このフトマニ図を眺めたり部屋に飾っておくだけで、
様々な効果が期待出来るのです。

具体的には、
新陳代謝を良くして自己治癒力を高め、気の異常を解消します。

また精神と肉体のバランスが取れてくるので、
自然に前向きで建設的な考え方をする様になります。

その所為でしょうか、悪夢なども見なくなるとされています。

これらが信じられない時は、
フトマニ図をコピーしてその上に飲み物を置いてみて下さい。

瞬く間に味が変わるので効果の程が実感出来る筈です。

しかしこのフトマニ図はまだ知る人ぞ知ると言った段階です。
その素晴らしさが広く知れ渡る事を願う次第です。


記事へトラックバック / コメント


言霊の秘密

2016/12/05 08:58
「ありがとうございます」と唱える事を提唱した元祖が、
神人の誉れ高い幕末の神道家黒住宗忠ですが、
今では色んな人が同じ様な事を言っています。

それはそれで良いのですが、
宗忠に触れる人が一人もいないのは寂しい気がしていました。

そこでもう一度宗忠の原点に戻ってみたところ、
新たな気付き、発見がありました。

たとえ真似でも口先だけでもよい。
見るもの聞くもの全てに『ありがとうございます』と言えば、
自然に心がありがたくなってくるものです。


門人に日頃から感謝出来る人間になる為の秘訣を尋ねられ、
宗忠はこう答えています。

この「口先だけでもよい」と言うのはかなり大胆な発言ですが、
武道の様に先ず「型」から入れという事なのでしょうか。

武道では何千回何万回と型稽古を繰り返して、
体に武道的な身のこなしを覚え込ませますが、
同じ様にして体に感謝の波動を染み込ませるのでしょう。

その際には別に感情を込める必要はなく、
ただ機械的に繰り返すだけで十分だと言っている訳です。

そしてここにこそ言霊の秘密があるのではないでしょうか。



記事へトラックバック / コメント


鏡アファメーションの奇跡

2016/12/04 08:47
潜在意識関係の掲示板を見ていたら、
自分の顔を外人顔にした人の書き込みがありました。

この方は外国のスターに憧れていて、同じ顔になりたいと思い、
鏡に向かってアファメーションを唱え続けたのだそうです。

すると先ず目と髪の色が変わり始め、
遂には顔全体がそっくりになったと言うのです。

それからは町を歩けばジロジロと見られ、
英語で話しかけられる事もしばしばだそうです。

しかもそれに要した時間が僅かひと月半とは驚きです。

潜在意識に働きかければ願望は実現するとよく言いますが、
いくら何でもこれはちょっと早すぎる様な気がします。

そこで思うに、この方は前世が白人だったのではないでしょうか。

外国人に対する異常な憧れがそれを裏付けていますが、
アファメーションが潜在意識下にあった記憶を蘇らせ、
外人顔に変わる事を加速させたのでしょう。

逆に、殊の外日本に親近感を持っている外国人は、
前世が日本人だったのではないでしょうか。

何れにしろ、これは自分の経験からも言えるのですが、
鏡に向かいアファメーションを唱え続けると、
意識の深い部分に入り込める事は間違いありません。



記事へトラックバック / コメント


唾液の凄い効果

2016/12/03 09:07
食べ物はよく噛んで食べなさいと言われますが、
これは消化を助けたり顎を強くする効果があるからですが、
唾液の分泌量を増やすという意味もあります。

唾液自体にも消化を助ける作用がありますが、
口の中を保護し殺菌する効果が大きいのです。

それに加えて最近分かってきたのは、
唾液にある老化を防ぎ若返りを促す作用です。

これは生命力のかたまりである赤ちゃんを見れば、
ある程度納得出来るのではないでしょうか。

老化で体が縮むのは体内の水分が減少する為ですが、
それは唾液の出が悪くなる事でも実感出来ます。

年を取るにつれて口の中が乾いてくるのですが、
不思議な事に、私は最近また唾液が出だしたのです。

これはもしかすると、
何時も「有難うございます」と唱えているからでしょうか。

べつに大声を出さなくても、常に口の運動になっているので、
唾液も出やすくなっているのでしょう。
最近自分でも若返って見えるのは多分この所為です。

これは自慢ではありませんが(本当は自慢です)、
先日もスナックで女性にいきなり頬を撫でられました。

以前にもやはり肌が綺麗と褒められた事がありますが、
それは「手のひらスリスリ健康法」の為だと思っていましたが、
もしかすると唾液も関係しているのかも知れません。

「有難うございます」のアファメーションには、
一石二鳥の効果があった訳です。


記事へトラックバック / コメント


もう一人のチャンドラ・ボース

2016/12/02 08:49
イベントがある度にロゴマークが変わるグーグルですが、
先日はインドの科学者の生誕158周年に因むものでした。

その名をジャガディッシュ・チャンドラ・ボースと言いますが、
あの有名な独立運動家であるチャンドラ・ボースとは別人です。

今まで日本では殆んど知られていませんでしたが、
これで少しは知名度が上がったのではないでしょうか。

それは兎も角、チャンドラ・ボースの業績は中々凄いものです。

研究分野は物理学・生物学・植物学・考古学と多岐にわたり、
またSF作家としても活躍しました。

その中でも特に大きいのは、
無線シグナル及び無線信号を受信する為の半導体の発明です。

これは莫大な利益をもたらす事が約束されていましたが、
彼は敢えてその内容の全てを公開したのでした。

もう一つ重要なのは「クレスコグラフ」の発明ですが、
これは植物の成長を測定する為の装置です。

彼はこの装置により、
与えた刺激が動植物の組織間に伝わる事を発見しています。

クレスコグラフが示す図表を見れば、
どんな懐疑主義者でも、植物にも敏感な神経組織があり、
歓喜・苦痛・平安などの感情を持つことが分かるでしょう。


彼はこう述べていますが、
これは正しく植物にも意識がある事を証明するものです。

例えば、サボテンは傷つけられようとしただけで、
取り付けた電極の針が振り切れるそうです。

また植物にそれぞれ「アリガトウ」と「バカヤロウ」と言うと、
「バカヤロウ」を聞き続けた方が早く枯れてしまうそうです。

これに似た事を「正心調息法」の塩谷信男博士も仰っています。
詳しくは以下のリンクをどうぞ。


リンクはこちら


記事へトラックバック / コメント


ペテロ、海の上を歩く

2016/12/01 08:19
この時期、アメリカではメリークリスマスではなく、
ハッピーホリデーと表す場合が多くなっているそうですが、
宗教絡みとは言え何だか息苦しい時代になったものです。

その点日本はまだまだ寛容です。
何しろクリスマスが終れば初詣という具合なのですから。

さて、そのクリスマスの主人公イエス・キリストですが、
ご存知の通り数々の奇跡に彩られています。

これはその内の一つで、歩いて海を渡ったというものです。

弟子達はイエスが海の上を歩いているのを見て叫び声を上げた。

「私である。何も恐れる事はない」

イエスの言葉にペテロが答えて言った。
「では私にも海の上を歩かせてください」

そこでイエスはペテロを手招きして歩かせたが、
急に恐ろしくなり溺れそうになった。

イエスは彼を助けながらこう言われた。
「信仰の薄い者よ、何故疑ったのか」


ここで注目したいのは、イエスよりもむしろペテロの方です。

最後は溺れそうになったとは言え、
一時はイエスの様に海の上を歩けたのですから。

急にオカルト染みた話になり恐縮ですが、
本来人間には浮遊能力が内在しているのではないでしょうか。

ペテロが海の上を歩けた事がそれを証明していますが、
実際イエスは自分と同じ事が誰にでも出来ると言っています。

今までこの点に言及されてこなかったのが不思議ですが、
誰にでもイエスと同じ能力があるとするのは、
やはりキリスト教的にはまずいのでしょうか。




       
        (ようやく再生回数が2万回を超えました)


記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

気功庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる