アクセスカウンタ

気功庵.com

プロフィール

ブログ名
気功庵.com
ブログ紹介
「宇宙の意識」を基にした生活を目指しています。

遠隔ヒーリング(無料)をしています。
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

YouTubeマイチャンネルはこちら



zoom RSS

キリシタン弾圧の真実 2

2017/11/19 02:03
日本でも宗教弾圧はありましたが、
キリシタン弾圧の場合は少しばかり様子が違います。

信長や秀吉は当初キリシタンに寛容でしたが、
それが弾圧へと変わったのはキリシタン側に原因があるのです。

西洋諸国が行なっていた植民地政策では、
先ず宣教師を送り込んで国民をキリスト教に改宗させ、
その後に軍隊で征服するという二段階方式を取っていました。

アジアやアフリカの国々は皆それでやられたのです。

またこれは一神教の教理からくるものなのでしょうか、
他宗教を決して認めようとはしません。

高山右近や大友宗瞬などのキリシタン大名は、
神社仏閣を破壊し神官や僧侶を徹底的に弾圧しました。

そしてなによりも許せないのが奴隷売買です。
「火薬一樽につき娘50人」で女性を売り飛ばしているのです。

これでは信長や秀吉でなくても危険視せざるを得ないでしょう。

とかく悲劇として見られがちなキリシタン弾圧の裏には、
かくも恐るべき事実が隠されていたのですが、
その事が殆んど知られていないのが残念ではあります。


関連記事はこちら


記事へトラックバック / コメント


日本の宗教弾圧

2017/11/18 00:30
平安から鎌倉時代、新仏教の開祖が相次いで弾圧されました。

浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞、日蓮宗の日蓮ですが、
何れも幕府から流罪(るざい)を命じられています。

法然は讃岐、親鸞は越後、日蓮は佐渡でしたが、
屈する事なく当地での布教に努めた様です。
流石、転んでもただでは起きないと言った所でしょうか。

流刑地ではある程度の自由があったと思われますが、
それにしても法然などは75歳と高齢でした。
随分ときつかったのではないでしょうか。

日本は西洋に比べ宗教に寛容とのイメージがありますが、
案外そうでないのかも知れません。

明治、昭和になってからも、
天理教の中山みき、大本教の出口王仁三郎が、
やはり政府から弾圧を受けています。

西洋の魔女狩り、火あぶりほどの凄惨さはないのですが、
それにしても暗黒の歴史である事に違いはありません。

日本人は古来八百万(やおよろず)に神が宿るとして、
自然宗教的な寛容さを持ち合わせていた筈です。

それが変わり始めたのは何時の頃からでしょうか。

個人的には仏教が入ってきてからという気がするのですが、
こう言うと、それこそ弾圧を受けかねません。



記事へトラックバック / コメント


念仏称名と円滑現象

2017/11/17 01:03
念仏をしたら救われるのではない。
念仏をした時は既に救われているのである。
                       法然

浄土宗の開祖である法然上人は、
念仏を一日六万回、晩年は七万回唱えていたそうです。

これは念仏を唱える事で極楽往生出来るという、
他力本願、専修念仏の教えを自ら実践したものでしょう。

それにしても六万回とは驚きます。

私などは「ありがとう」を丸一日唱え続けようと始めても、
ほんの三十分もしない内に他の事で頭が一杯になってしまいます。

それに気付いた時点で再開するのですが、
その度に六万回という数字の凄さを思い知らされています。

「ありがとう」を唱えると全てが好転するとされていますが、
確かに不思議なくらい円滑現象が起こり始めます。

それが唱え続ける動機にもなっているのですが、
念仏称名と同じで飽く迄も結果にしか過ぎません。

「目的と手段を混同しないように」
法然上人の声が遠くから聞こえてきそうです。


関連記事はこちら



記事へトラックバック / コメント


「ふるさと」 永遠の唱歌

2017/11/16 00:15
何故かここ1ヵ月、動画「ふるさと」の共有数が急に増えています。

「お気に入り」への登録と違い、
共有は自分のブログやSNSに貼り付けるものなので、
それを見た人が更にという感じで倍々に広がっているのでしょう。
有難い事です。

この曲は作詞・高野辰之、作曲・岡野貞一による唱歌ですが、
「春が来た」、「春の小川」、「おぼろ月夜」、「もみじ」なども、
同じく二人の作品です。

「ふるさと」は日本人なら誰もが知っていますが、
東日本大震災以降は復興の願いも込めて歌われています。

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川
如何にいます父母 つつがなしや友がき
志をはたして いつの日にか帰らん
山は青き故郷 水は清き故郷


・・・詞が持っている力は偉大です。







記事へトラックバック / コメント


「虫の知らせ」とシンクロニシティ

2017/11/15 01:04
体調を崩した白隠禅師は脈を診た医師から大丈夫と言われ、
「人が死ぬ三日前に分からぬようでは良医とは言えぬ」
と笑い飛ばしたそうです。

これは五百年に一人と讃えられた禅師ならではですが、
実際は誰もが前もって死期を知らされているのではないでしょうか。

人の死では身内などに「虫の知らせ」があるそうですが、
これは本人との間にシンクロニシティが起きているからです。

虫の知らせ
この場合の虫とは通常と違う種類の神秘的な感覚のことを指す。
「霊感」や「第六感」などと表現されることもある。
遠く離れた身内に良くない事が起こった時などに使われる。


アダムスキーによれば人間の細胞には全て意識があり、
常に他人の細胞と情報のやり取りをしているそうです。

これが即ちテレパシーの原理なのですが、
緊急の場合、特に身内との間ではそれが活発になります。

「虫の知らせ」とはシンクロニシティの一種であり、
今まさに迎えつつある事態に同調して起こるのです。

ただ通常の生活で殆んどシンクロニシティが起こらないのは、
安全弁が働いているからです。

しょっちゅう「虫の知らせ」があったら堪ったものではありません。



記事へトラックバック / コメント


転生の準備完了

2017/11/14 00:22
在宅医療に関してネットで検索していたら、
終末期を迎えた家族の経過を綴ったサイトが見つかりました。

そこでは一週間前、三日前、一日前と、
順を追って症状の変化が詳しく述べられていますが、
よく観察したものだと感心させられます。

一週間前
水を飲むのが困難になり口に含んでもこぼす。

三日前
おむつに便ではなく白い浸出液が付着するようになる。

一日前
尿が出なくなり呼吸が聞き取れないくらい小さくなる。

以上はその要点ですが、
一日前の呼吸は下顎呼吸と呼ばれているものでしょう。

下顎呼吸(かがくこきゅう)
死が迫ると血圧が低下し、胸郭から下顎を使った呼吸に変わる。
また呼吸回数自体が極端に減少し心拍数が低下し始める。
下顎呼吸が始まると1〜2時間で亡くなる事が多い。

こうして肉体は徐々に死に向かって態勢を整えていくのでしょう。

本人が気付かなくとも、
魂のレベルではずっと前から転生の準備が完了しているのです。



記事へトラックバック / コメント


「ムー」とモアイ像を繋ぐもの

2017/11/13 00:55
謎のモアイ像で知られる絶海の孤島・イースター島ですが、
そこに新たなる謎が加わったようです。

先住民の遺骨の遺伝子を分析したところ、
南米の住民と接触した痕跡が見つからなかったというのです。

そこで彼らは何処からやってきたかという謎が生れる訳ですが、
結論から先に言えば、彼らはあの「ムー」の末裔だったのです。

「ムー」は今から約1万2000年前、
太平洋の中心に存在した大陸に栄えた文明を指します。

そこに住む人々は意識の働きだけで物体を動かせましたが、
モアイ像もそうた力によって造られたものなのです。
今の科学ではその製造過程が解明出来ないのは当然でしょう。

「ムー」は王であるラ・ムーの下に一つにまとまり、
その繁栄は永遠に続くかと思われていました。

しかしいつしか腐敗と堕落が忍び寄り、
遂には神の怒りを買ってしまいます。

東西8000キロ、南北5000キロにも及ぶ巨大な大陸は、
一夜にして太平洋の底に沈みました。

イースター島、そしてポリネシアの島々は、
それらの山の頂きを成していたものなのです。

太平洋の中心に向かって立つモアイ像の目に映るのは、
今は遠い「ムー」の栄光なのかも知れません。


関連記事はこちら



記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

気功庵.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる