アクセスカウンタ

気功庵

プロフィール

ブログ名
気功庵
ブログ紹介
「気」は自然の力です。

本来誰もが自然治癒力を持っているのですが、
様々な原因でそれが弱まると体に不具合が生じます。

「気の癒し」はその弱った部分に働きかけ、
自然治癒力を取り戻す為のお手伝いをするものです。


ホームページ 「すずあかへの道すがら」
オリジナル動画も沢山アップしています。
zoom RSS

はるかなる木星

2016/09/28 08:22
木星と言えば20年前に彗星が連続して衝突した事がありました。

これはシューメーカー・レビー彗星と呼ばれ、
20個以上に分裂した彗星の核が数日間に亘り衝突したものです。

これは千年に一度あるかないかの天文現象とされました。

衝突の際に立ち昇ったキノコ雲は地球上からも観測され、
またその痕は地球がスッポリ納まる程で、数週間も残りました。

画像

実は当時、この件を本屋の立ち読みで知ったのですが、
何故か涙がボロボロこぼれたのを覚えています。

それは痛かっただろうなという思いからか、
或いは懐かしさによるものだったのかはハッキリしません。

ただ遠い昔の記憶が蘇った様な気がしたのは確かで、
暫らくはその場を動けませんでした。



記事へトラックバック / コメント


NASAが発表 「エウロパ」に水が存在! 

2016/09/27 08:58
重大発表を予告していたNASAは27日、
木星の衛星から水蒸気の噴出を観測したと発表しました。

画像

これはハッブル望遠鏡の2年間にわたる観測結果によるもので、
「エウロパ」の氷に覆われた地表の下に水が存在するとすれば、
生命が存在する可能性もまた非常に高まった事になります。

ただこれは以前から指摘されていて、掲示板では早速、
NASAの予算獲得のアピールとの書き込みがあり笑いました。

しかし「エウロパ」探査衛星も計画されているそうですから、
今回の件で更に加速するのは間違いないでしょう。

外宇宙へと向かうのも結構なのですが、
先ずはこの太陽系の探査が第一ではないでしょうか。


関連記事はこちら

記事へトラックバック / コメント


NASA 木星の衛星に関する重大発表を予告!

2016/09/26 08:43
NASAは宇宙望遠鏡での木星の衛星「エウロパ」の画像に基づき、
26日に「驚くべき」発表を行うと明らかにしました。

エウロパは氷で覆われた表面の下に海がある可能性もあり、
多くの専門家から注目されていました。

因みに、NASAはエウロパについて、
「地殻下に液体水の海が存在することを示す有力な証拠がある」
と以前に発表しています。

画像


この記者会見は日本時間で27日の午前3時からで、
大いに期待が高まっています。

ただNASAは前にも大袈裟な予告をしておいて、
発表した途端みなズッコケたという前科があるのでどうでしょうか。

それにしてもいつも不思議に感じるのは、
何故NASAは木星本体に探査機を送り込まないかです。
私には周りの衛星の探査でお茶を濁しているとしか思えません。


画像


この縞模様の雲の下には、
よほど知られてはまずいものが存在するのでしょうか。


関連記事はこちら

記事へトラックバック / コメント


ブルーノグルーニング交友会 2

2016/09/25 08:24
講演会の最初と最後ではヒーリングミュージックが流され、
ハイルシュトロームを取り入れる練習をしました。

これは手のひらを上に向けた状態のまま両ひざの上に置き、
治癒エネルギーが流れ込んでいる所を瞑想するというものです。

その時、楽しかった思い出などをイメージすると良いそうなので、
私は子供の頃のレンゲ畑に寝転んでいる姿を思い浮かべました。

すると何故かあの時に見た青く高い空が目の前に広がり、
思わず涙が出そうになりました。

瞑想が終わり、具合が良くなった方はいますかと聞かれた際、
殆んどの方が手を上げていました。

何も感じなかった私は多少焦りましたが、
ただ手のひらにチリチリとした刺激だけは確かにありました。
もしかするとあれがハイルシュトロームだったのでしょうか。

大事なのは全てを自然の流れに任せる事の様です。
またこれはとても精神的に落ち着くものなので、
暫らくは続けてみようかと思っています。


関連記事はこちら

記事へトラックバック / コメント


ブルーノ・グルーニング交友会

2016/09/24 08:04
ブルーノ・グルーニング交友会主催の
ドクターインフォメーション講演会に行ってきました。

これはドイツのグルーニング交友会の所属医師による、
自然治癒エネルギーの取り入れとその精神についての講演です。

講師役の医師の方は、
その為にわざわざ宮崎まで来られたそうですから有難い事です。

講演会があるのは地域担当の方からのメールで知ったのですが、
前回は定員の関係で入れずこのブログで文句(?)を言ったので、
気を使って下さったのでしょう。この場を借りて御礼申し上げます。

さてその講演会の内容ですが、
ハイルシュトロームという自然治癒エネルギーの取り入れ方や、
それによる様々な治癒事例の紹介などがありましたが、
実際に難病から回復された方からの報告もありました。

その方には現代医学では不治の難病が三つもありましたが、
グルーニングの教えを実行した所、全ての症状が消えたそうです。

と言うと、何だか新興宗教の会場に迷い込んだみたいですが、
実際は極めて静謐且つ穏やかな感じに満たされていて、
カルト的な集団ヒステリーとは全く無縁のものでした。

この自然の治癒エネルギーを取り入れるという考え方ですが、
東洋医学と大いに通じるものがあります。

ハイルシュトロームの流れが詰まると痛みを感じるそうですが、
これは「気」の場合でも同じ事が言えます。

また交友会では現代医学を否定しておらず、
その証拠に千名以上の医師が交友会に参加しているそうです。

これは奇跡の証人としての使命感から参加されている筈ですが、
医療現場での応用も考えにあるのかも知れません。

自然治癒エネルギーで患者さんの回復が早まるのなら、
それはそれで良い事ですし、
私も積極的に取り入れたいと思っています。


関連記事はこちら



記事へトラックバック / コメント


肩の力を抜いて生きる

2016/09/23 08:47
久し振りに「般若心経」の写経をしましたが、
前はそらで書けたのに今回は散々な結果に終わりました。

余りの記憶力の無さに少し落ち込みましたが、
年だし仕様がないかと無理やり自分を納得させました。

それにしても、写経とは実に精神を鎮めてくれるものです。
久し振りの写経でその事が再認識出来ました。

以前は書いているそばから雑念が湧いてきていたのですが、
今回は不思議とそれがなく、むしろ気持ち良さだけが残りました。

それに当初は写経で超能力開発をと意気込んでいたのですが、
今はすっかり肩の力が抜けているのが自分でも分かりました。

勿論「無心」とは程遠いものなのですが、
書きたいから書くという心境になれたので良しとしました。

そして何事に対してもこんな風に向かえたら、
人生はもっと楽だろうなと思ったものでした。



記事へトラックバック / コメント


発熱させてガンを消せ!

2016/09/22 08:52
人体に無害な近赤外線を当てて免疫システムを活性化させ、
ガン細胞を退治する治療法が開発されたそうです。

これは米国立衛生研究所の小林久隆研究員らによるもので、
一ヶ所を治療すれば遠くの転移ガンも消える効果があるとの事。

免疫システムの中には制御性T細胞という細胞がありますが、
これは誤って健康な細胞まで攻撃しないように抑制する細胞です。

ガンが増殖するのはこのT細胞を自分の周りに集め、
免疫細胞の働きにブレーキをかけるガード役にするからです。

そこで研究チームはガード役のT細胞を破壊する事を考えました。

光を受けて発熱する化学物質をT細胞に結びつく抗体と結合させ、
体外から近赤外線を当ててみたのです。

すると光によってその化学物質が発熱してT細胞が死滅し、
僅か一日で70匹のマウスに移した全てのガンが消えたのです。

今は3年後の臨床試験を目指しているそうですが、
これは待ち望む人が多いのではないでしょうか。

そこで改めて思うのは、やはりガン細胞は熱に弱いという事です。

マラリアの高熱でガンが消えた人がいたそうですが、
これは十分あり得る話です。

そこで気功施術に於いても、
この考えを取り入れるべきかも知れません。

幸いにも「気」は体の中へ浸透する性質があるので、
近赤外線と同じ効果を発揮する筈です。
しかも患部だけを発熱させれば副作用も出ません。

という訳で、これは東洋医学を見直す良い機会になりそうです。


記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

気功庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる