アクセスカウンタ

気功庵.com

プロフィール

ブログ名
気功庵.com
ブログ紹介
「宇宙の意識」に基づく生活を目指しています。

お知らせ
2月からURLが変わります。

新URL http://21692324.at.webry.info/

YouTubeマイチャンネルはこちら

zoom RSS

カルマ、因果の法則について

2018/01/17 00:15
宇宙の法則の一つに原因と結果、所謂カルマの法則があります。

今生での境遇に納得いかない時に人は過去に原因を求めますが、
その為に生まれたのが前世療法であり退行催眠です。

退行催眠とは被験者を催眠状態にして記憶を遡って行くもので、
そこから今生のカルマとなっている原因を探り出し、
トラウマを解消させるのものが前世療法です。

しかしこれも突き詰めて考えると、
「ニワトリが先か卵が先か?」状態になってしまいます。

何となれば、もし過去世に原因があったとして、
ではその原因はどうして生じたのかという話になってしまいます。
そうなると永遠に記憶を遡って行かなくてはなりません。

因みに、アダムスキーは「ニワトリと卵」の件に関して、
『それは同時に生れたのだ』と述べていました。

これを原因と結果に当て嵌めてみれば、
二つはイコールだという事にならないでしょうか。

とすれば、原因や結果は過去だけに因るものではなく、
まさに今現在からも生じている事になります。

これは多少こじ付け気味ではありますが、
だからこそ我々は今現在を大事にすべきなのでしょう。


記事へトラックバック / コメント


幼い命を弄ぶなかれ

2018/01/16 00:15
このところ幼児虐待のニュースが続いていますが、
幼児の手術を拒否するのも虐待そのものではないでしょうか。

これはある小児科医のコラムからです。

先天性食道閉鎖症の赤ちゃんが生まれたのですが、
ミルクを一滴も飲めないので直ぐに手術をする必要がありました。

しかも上唇が鼻まで裂けている口唇口蓋裂症でした。

その先生は急いで家族から手術承諾書をもらおうとしましたが、
何と赤ちゃんの顔が受け入れられないと手術を拒否されたのです。

先生は手術が必要な事や時間の猶予がない事を説明しましたが、
家族の態度は頑として変わりません。

口唇口蓋裂症は形成外科の手術を何度かすれば、
機能だけでなく美容の面でも綺麗に治せるそうです。
しかしその事を含め繰り返し説得してもダメでした。

そこで最後の手段として児童相談所に通報したのですが、
残念ながら職員達の説得も不調に終わりました。

その後家族は面会にも来なくなったそうです。

「もっと別な方法はなかったのだろうかと思っています。
例えば障害と共に生きている子供とか、
先天性の病気を治して生きている子供や親を実際に見てもらえば、
赤ちゃんの家族も手術を受けさせる気になったのではないか。
この一件は私の心の中にずっと暗い影を落としています。
生涯忘れることはないでしょう」

先生はこう述懐していますが、
読んでいて暗澹たる気持ちにさせられる話ではあります。

私は人は何度も生まれ変わると思っていますが、
この赤ちゃんは一体何の為に生れてきたのでしょうか。

時々分からなくなります。


記事へトラックバック / コメント


「夢のお告げ」は本当にある 2

2018/01/15 00:15
昨日の夢で見た株が暴騰しているという話の続きです。

試しに先週の金曜日時点で見てみると、
何と夢に出てきた株価のグラフとピッタリ一致するのです。

これはやはり「夢のお告げ」だったのでしょうか。
それともテレパシーによる未来予知だったのでしょうか。

何れにせよ、今は呆然とそのグラフを眺めるのみです。

大体において、
こういった類(たぐい)のものは欲が絡むと失敗するものです。

そうでなければ所謂「超能力者」は皆大金持ちになっています。

勿論それが悪いという訳ではありませんが、
不公平を防ぐ為に神様がブレーキを掛けている様な気がします。

ただ『求めよさらば与えられん』という言葉もあるくらいですから、
求める人はどんどん求めたらいいのではないでしょうか。

それもまた神様の意図する所なのですから。



記事へトラックバック / コメント


「夢のお告げ」は本当にある

2018/01/14 00:15
再生医療やバイオ関連株は「テンバガー」になる事がよくあります。

テンバガーとは株価が10倍になった株を指しますが、
元は野球用語で、1試合で通算10塁打を意味しているそうです。

このテンバガーで思い出すのがあるアパレルメーカーです。

これは前にも書きましたが、
そのロゴマークを見た瞬間、この会社は大きくなると閃いたのです。

当時は何をする会社か全く知らなかったのですが、
その閃きは殆んど確信に近いものがありました。

さて、気になるのは株価の方ですが、
テンバガーどころかハンドレッドバガーになってしまったのです。

実は最近これと似た様な事が起こり驚いています。

夢の中にある会社が出てきたのですが、
何とそこに株価のグラフがハッキリと映っていたのです。

グラフは急激な上昇を示していてテンバガーそのものでした。

そこで試しに少しだけ株を買ってみたのですが、
値上がりどころか値下がりしだしたので直ぐ手放しました。

するとここに来て急に暴騰しだしたのです。

今は早すぎた処分を悔やんではいますが、
その一方で、やはり正夢だったのだと喜んでいる面もあります。

「潜在意識の法則」関連のブログには、
夢に出てきた数字でサッカーくじを買った所、
大当たりしたという記事がよく出ています。

以前は多少疑う部分もあったのですが、
自分の経験に照らし合わせてみると、
それは正に本当なのだと素直に頷けるのです。


記事へトラックバック / コメント


再生医療に期待

2018/01/13 00:15
iPS細胞から様々な組織などを作る際、
がん化するかどうかを見分ける方法が発見されたそうですが、
iPS細胞もがん化する場合があるとは知りませんでした。

iPS細胞は未分化のまま無限に増殖するのですが、
そこに特定の遺伝子を加えると様々な細胞や組織に分化します。

しかしその際にどうしても一部が分化せず、
がん化することが課題だったというのです。

この発見は細胞療法研究開発センターのチームによるもので、
良質なiPS細胞の量産と実用化に弾みがつくとの事です。

そう言えば去年の12月初めに、
ヒトのミニ肝臓の大量製造手法が開発されたとの報がありました。

この手法で製造されたミニ肝臓は免疫不全のマウスに移植され、
かなりの成果を上げたそうです。

iPS細胞は肝臓だけではく、筋肉、骨、心臓、肝臓、血管、神経等、
殆んどの細胞の再生が可能です。

ただ再生医療はどうしても産学協同を必要としますが、
それで製薬会社の株が上がるならば結構な事ではないでしょうか。

日本は今まで余りにもアカデミックに過ぎた様な気がします。




記事へトラックバック / コメント


「闘将」逝く

2018/01/12 00:05
先日亡くなった星野仙一さんですが、球団発表によれば、
「最期は昼寝でもしているような安らかな表情」だったそうです。

友人の方によればモルヒネ投与も拒否していたそうですが、
末期のすい臓がんから来る痛みに耐えられたのでしょうか。

「余命90日」と宣告されてから1年半、
遂に力尽きたものの流石「闘将」と呼ばれただけあります。

星野さんといえば奥様も若くして白血病で亡くなっています。

「女房の分まで生きる。そう約束したんや」
その約束は見事に果たされたのではないでしょうか。

それにしても、すい臓がんは厄介なものです。

すい臓は胃の後ろにある15cmほどの細長い器官で、
インスリンなどホルモンを分泌する重要な作用を担っていますが、
直径1cm以下の腫瘍を見つけるのは大変難しいとされています。

その為に5年生存率は8%未満と厳しい数字になっています。

症状としては胃から背中にかけての重苦しさや痛み、
食欲不振や体重減少、黄疸などがありますが、
これらはある程度病気が進行してから表れるもので、
それが更に早期発見を難しくしているのでしょう。

そこで専門医が推奨するすい臓がんに罹らない方法ですが、
動物性脂肪やアルコールを摂り過ぎない事と、
ストレスを溜めない事だそうです。

特に強いストレスは体内に活性酸素を大量に発生させ、
がんをはじめ万病の要因となるそうです。

それではストレス解消の為に、
敢えてアルコールを摂っている私の立場どうなるのでしょう、
と言うのは冗談ですが、出来るならば星野さんみたいに、
「昼寝でもしているような安らかな表情」で逝きたいものです。


謹んでご冥福をお祈りいたします。
                                  合掌



記事へトラックバック / コメント


WHOが伝統医療を認定

2018/01/11 10:53
漢方薬や鍼灸などの伝統医療がWHOで認定される模様です。

「WHOに認められれば日本の伝統医療の地位向上に役立つ。
科学的調査でその有効性も検討でき、成果は国民に還元される」
和漢診療学の教授が語る様に誠に喜ばしい限りです。

ただ一つ心配なのは、
例の如くかの国がその起源を主張しないかという点です。

桜は勿論、生け花や茶道、剣道などにしても、
いくら否定してもしつこくその起源を主張してきます。

特に桜、ソメイヨシノは毎年の恒例行事になっています。

ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラを交配したもので、
江戸時代に染井村の植木職人が人工交配で作り出したものです。
つまりは接ぎ木でしか増やせないクローン品種なのです。

今年もまたその起源を主張してくるのでしょうが、
多くの日本人はウンザリしているのではないでしょうか。

話が逸れたので元に戻しますが、和漢診療学の教授によれば、
日本では鍼灸で髪の毛ほどの細い鍼(はり)を使いますが、
中国はボールペンの芯ほどの太い鍼を使うのだそうです。

流石、大陸的な大らかさと言いたいところですが、
いくら何でも太すぎるのではないでしょうか。
私などは見ただけで顔が引きつりそうです。

漢方薬とは中国とは別に日本独自に発展したもので、
漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品のことです。

中国では日本のエキス錠と違い煎じ薬が多いからでしょうか、
日本式漢方薬を買い求める逆転現象が起きているそうですが、
確かにドラッグストアには中国の団体客が押しかけていました。

しかし感心するのはかの国と違い起源を主張しない点です。
その辺はやはり大陸的な大らかさから来るのでしょうか。



記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

気功庵.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる