気功庵.com

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカは「神の杖」を使うか?

<<   作成日時 : 2017/08/13 08:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

トランプ大統領は北朝鮮が米国をこれ以上脅せば、
世界がこれまで目にしたことのない様な炎と怒りに直面する、
と警告しましたが言い方が何だか北に似てきました。

それはそれで構わないのですが、
所謂チキンレースめいてきたとは言えるでしょう。

ただここで一つ気になるのは トランプ大統領が、
「世界がこれまで目にしたことのない様な炎と怒り」
と表現している点です。

これは単に北朝鮮に似せただけでしょうか、
それとも新兵器の使用を匂わせているのでしょうか。

新兵器とすればすぐ思い浮かぶのが「神の杖」です。

神の杖(つえ)
核兵器に代わる戦略兵器として計画されている兵器で、
タングステンの金属棒に小型推進ロケットを取り付け、
高度1,000kmの低軌道上の宇宙プラットホームから発射し、
地上へ投下する一種の運動エネルギー弾である。

落下速度はマッハ9.5に達し破壊力は核爆弾に匹敵する。
また地下数百メートルにある目標を破壊可能だとされている。


画像


実はこの兵器、既に使われているという話もあります。
それが2015年に起きたあの天津大爆発です。

これは中国元の切り下げ対する報復処置として、
アメリカによって行われたものと一部で言われていますが、
真相は藪の中です。

「神の杖」の使用は私の勝手な想像ですが、
アメリカはトマホークが随分余っているそうですから、
大量に打ち込んで在庫処分するだけかも知れません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アメリカは「神の杖」を使うか? 気功庵.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる