気功庵.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽死と尊厳死

<<   作成日時 : 2017/11/08 00:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いきなりですが安楽死と尊厳死はどう違うのでしょうか?

日本尊厳死協会というものがありますが、
以下はその協会のホームページからです。

尊厳死は延命措置を断わって自然死を迎えることです。
これに対し安楽死は医師など第三者が薬物などを使い、
患者の死期を積極的に早めることです。
共に不治で末期、本人の意思によるという共通項はありますが、
「命を積極的に断つ行為」の有無が決定的に違います。
協会は安楽死を認めていません。


簡単に言えば、尊厳死は自己の意思で、
安楽死は第三者の意思でという事になるのでしょうか。

安楽死は現在日本では認められていませんが、
尊厳死でも中々難しい問題がある様です。

それは延命治療で人工呼吸器を使う場合です。

前もって本人が拒否する旨を伝えておけばいいのですが、
問題になるのは既に装着している場合です。

一度装着したものを外すと犯罪行為になりかねないのです。

病院側がためらうのは当然でしょう。

日本尊厳死協会としては安楽死には反対で、
尊厳死についてのみ法制化を目指しているそうです。

これは軽々には結論を出せない問題ですが、
個人的には尊厳死は勿論、安楽死も許すべきだと思っています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

安楽死と尊厳死 気功庵.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる