気功庵.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 『生命の科学』は我が座右の書

<<   作成日時 : 2018/01/09 00:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

年の初めという事で改めて我が愛読書を手にしてみましたが、
これが中々味わい深い感じになっていました。


画像


画像


裏表紙には2003年発行とあるので15年も前のものですが、
それでもこれは改訂版であり、新たに買いなおしたものなので、
初版本からトータルすると相当な年月が経っている訳です。

それにしても、我ながらよく飽きもせず読み続けたものです。

やはり読む度に新たな気付きがあるからでしょうか、
文字通り座右に置いておかないと落ち着かないのです。

これはトンデモ話として聞き流してもらって結構なのですが、
『生命の科学』の編集には異星人が関与したとされています。

つまり、彼らの世界で行われている「宇宙の意識」の応用法を、
地球人にも知ってもらおうとして書かれたものであり、
その為に選ばれたのがジョージ・アダムスキーだったのです。

彼は生前にペテン師だとして散々叩かれましたが、
今徐々にその主張が実証されつつあります。

彼はまた世界中の米軍基地へのフリーパスを与えられていました。

そうしてみると、これは意外な事ですが、
彼を一番評価していたのは米国政府だったのではないでしょうか。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

『生命の科学』は我が座右の書 気功庵.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる