気功庵.com

アクセスカウンタ

zoom RSS 「闘将」逝く

<<   作成日時 : 2018/01/12 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日亡くなった星野仙一さんですが、球団発表によれば、
「最期は昼寝でもしているような安らかな表情」だったそうです。

友人の方によればモルヒネ投与も拒否していたそうですが、
末期のすい臓がんから来る痛みに耐えられたのでしょうか。

「余命90日」と宣告されてから1年半、
遂に力尽きたものの流石「闘将」と呼ばれただけあります。

星野さんといえば奥様も若くして白血病で亡くなっています。

「女房の分まで生きる。そう約束したんや」
その約束は見事に果たされたのではないでしょうか。

それにしても、すい臓がんは厄介なものです。

すい臓は胃の後ろにある15cmほどの細長い器官で、
インスリンなどホルモンを分泌する重要な作用を担っていますが、
直径1cm以下の腫瘍を見つけるのは大変難しいとされています。

その為に5年生存率は8%未満と厳しい数字になっています。

症状としては胃から背中にかけての重苦しさや痛み、
食欲不振や体重減少、黄疸などがありますが、
これらはある程度病気が進行してから表れるもので、
それが更に早期発見を難しくしているのでしょう。

そこで専門医が推奨するすい臓がんに罹らない方法ですが、
動物性脂肪やアルコールを摂り過ぎない事と、
ストレスを溜めない事だそうです。

特に強いストレスは体内に活性酸素を大量に発生させ、
がんをはじめ万病の要因となるそうです。

それではストレス解消の為に、
敢えてアルコールを摂っている私の立場どうなるのでしょう、
と言うのは冗談ですが、出来るならば星野さんみたいに、
「昼寝でもしているような安らかな表情」で逝きたいものです。


謹んでご冥福をお祈りいたします。
                                  合掌



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「闘将」逝く 気功庵.com/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる